当院で行っている自費診療

詳しくは当院受付、または医師に直接お問い合わせください。

点眼による近視進行予防

単なる軽い近視だけでは病気とまでは言えませんが、特に子供は成長とともに眼軸長が伸び、近視が強くなっていく傾向があります。強度近視になってしまうと、将来にわたって緑内障、網膜剥離、近視性黄斑変性症が生じる危険が高まります。低濃度アトロピン(マイオピン)を一日一回点眼することで、小児の近視の進行をおよそ60%低減させることが知られています。6歳~12歳前後のお子様で、軽度~中等度の近視のある方おすすめです。また、下でご紹介しているオルソケラトロジーとの併用でさらに近視進行抑制効果が高まります。

 

・マイオピン初回処方時:検査費用1300円(税別)+点眼薬代2700円(税別)

・1週間後の検査時:検査費用600円(税別)+点眼薬代2本分5400円(税別)

・3か月定期受診:検査費用900円(税別)+点眼薬3本分8100円(税別)

オルソケラトロジー

特殊な形状のコンタクトレンズで、夜寝ている間に装用することで視力が矯正でき、日中は裸眼で生活できます。近視、乱視があまり強い方には対応できませんが、手術なしで日中裸眼生活を送れるのが魅力です。また特にお子様については、使用継続することで4~5割程度近視進行を軽減させることが出来るとされています。強度近視の予防は社会的にも重要な課題であり、少しでも多くの方に受けていただきやすいよう、当院では定額制プランを採用しております。初回受診時にご説明し、実際のレンズ処方には検査時間を要するため予約制になっています。

・月々定額制:両眼7000円/月 片眼4000円/月 

 

その他にかかる費用

・初回適応検査:5000円(税別)

・2週間貸し出しトライアル:5000円(税別)

  +一枚当たり12650円の預かり保証金(レンズ返却時にご返金)

・その後3か月ごとの定期検査:3000円(税別) 

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)

メガネやコンタクトレンズを用いなくても良好な裸眼視力が得られるよう、柔らかいレンズを目の中に直接挿入して近視や乱視を補正します。傷口は白内障手術時とほぼ同様で、レーシックのように角膜を削らないのでレンズを抜いて元通りに戻すことも出来ますし、ドライアイの原因にもなりにくいです。老視の改善効果はなく、20歳~50歳ぐらいの方が適応です。また、妊娠中・授乳中は視力が不安定になることがあり近視矯正手術はできません。

 

・初回適応検査:5500円(税込み)

・一年後までの定期検査を含む手術費用:税込み65万円

(乱視用レンズを用いる場合は税込み75万円、片眼手術は半額)

多焦点眼内レンズ

通常保険診療では、白内障手術時に眼に入れるレンズは単焦点のものです。これは遠くか近くかどちらかにしかピントが合わないため、術後は必ず眼鏡が必要になります。遠くにも近くにもピントがあい、眼鏡の必要率を減らすことの出来る多焦点眼内レンズの挿入は従来は先進医療とされていましたが、2020年4月から選定療養となりました。

準備中