診療についてのご質問

予約はできますか?

原則的に予約制ではなく、診療時間内のご都合よい時間帯に受診してください。手術、特殊検査の場合には予約を取らせていただくことがございます。待ち時間ができるだけ短くなるようスタッフ一同努めてまいります。特にお急ぎの場合には、スタッフまでお伝えください。

 

クレジットカードは使用できますか?

Visa, Masterカードによるお支払いに対応しております。

 

バリアフリーですか?

当院は完全バリアフリーに対応しております。足の不自由な方、目の不自由な方にも安心して受診していただけます。

 

駐車場はありますか?

広くて止めやすい駐車場をご用意しております。

 

最寄りの公共交通機関は何ですか?

らんらんバス中ルート「寺中」バス停より徒歩1分、北ルート「JA上野支店前」バス停より徒歩4分です。最寄り駅は、新日鉄前駅または聚楽園駅です。

 

日帰り白内障手術をしていますか?

当院では日帰り白内障手術を得意としております。中程度の白内障から、合併症を伴う高度な白内障まで、日帰り手術で行っており、痛みもありません。面倒な入院も必要なく、医療費も抑えることができます。詳しくは日帰り白内障手術のページをご覧ください。

 

白内障手術は保険がききますか?費用はいくらぐらいですか?

-当院で行っている白内障手術は健康保険適用です。通常の白内障手術であれば、一割負担の患者様で約2万円、三割負担で約5万円です。合併症を伴う場合、使用薬品量の違いなどで個人差があるので、目安としてお考え下さい。生命保険にご加入されている場合は、給付を受け取れる場合が多いので、一度生命保険会社にお問い合わせください。

 

限度額適用認定証はどうやってもらえますか?

高額療養費制度の仕組みで一か月あたりの自己負担額には上限があり、超えた場合に高額療養費の支給申請をしていただくと、後日差額分が支給されます。限度額適用認定証をご提出していただくと、窓口での支払額を一定の金額にとどめられます。詳しくは各自ご加入されている保険者(被保険証の発行元)にお問い合わせください。 

 

レーシックもやっていますか?

当院ではレーシックは行っておりませんが、ほかの屈折矯正方法をご提案しています。またご相談の上でレーシックを希望される場合には、対応施設へのご紹介も可能です。

 

こどもの検査、診察はいつ行っていますか?

診療時間内であればいつでも大丈夫です。当院ではお子様の目の検査・診療にも力を入れており、視能訓練士、眼科専門医による検査・診療を毎日行っております。キッズスペースも完備しておりますので、待ち時間も退屈せずに過ごしていただだけます。

 


症状についてのご質問

子供が結膜炎といわれたが、学校は休まないといけませんか?

結膜炎には原因がいくつか考えられますが、学校を休まなければならない結膜炎は流行性角結膜炎(はやりめ)、急性出血性結膜炎、咽頭結膜熱(プール熱)等、ウイルスによる結膜炎です。学校保健安全法に基づき、流行性角結膜炎は発症後約2週間、急性出血性結膜炎では発症後約一週間、咽頭結膜熱は症状軽快後2日間出席停止となります。大人の場合は法的義務はありませんが、他の人にうつさないように最大限の配慮が必要です。また、再登校・職場復帰の前に眼科専門医の診察をうけてください。

 

三歳児健診で視力が悪かった。普段あまり見えにくそうにはしていないが、受診したほうがいいでしょうか?

子供は成長とともに視力も発達していきますが、この発達時期に強い近視や乱視、遠視、斜視などがあると、視力が発達しない(弱視)ことがあります。3歳児健診、就学時健診、学校健診での視力検査で見つかることが多いです。治療時期を逃すと視力の発達が望めなくなるため、早めに眼科を受診するようにしてください。 

 

糖尿病と言われ眼科受診を薦められたが、何も症状ないし正直眼科には行きたくない。受診しなくても大丈夫でしょうか?

糖尿病になると糖尿病網膜症を合併することがあり、網膜出血、新生血管からの硝子体出血、増殖糖尿病網膜症による失明へと悪化していきます。末期になるまで自覚症状がでないことがほとんどで、自分で症状に気づいたときには失明寸前の状態にまで悪化している場合が多いです。糖尿病と指摘されたら、血糖コントロールの善し悪し、自覚症状の有無に関わらず、眼科で定期的に検査を受けてください。当院では、糖尿病網膜症の検査・管理・治療に力をいれています。